生涯の友

生涯の友・・・それは初めての会社生活の中で出来た友人です。
私は十数年の就職氷河期と言われる時代に就職活動を行いました。

希望する職種や企業は相次いで今年の採用は予定しておりませんとの回答をもらったり最初から資料請求をしても返って来なかったり・・・周りにも就職活動を諦め、家業の手伝いをする友人やアルバイトをして就職浪人をする友人等も出てきて就職に有利なようにと秘書検定やワープロ検定は取ったけどコネもない自分は果たして無事に就職出来るのかと不安に思いながら何社か面接に臨みました。
その中で何とか2社に内定をもらい就職したのが去年まで勤めていた会社です。

入社前に1ケ月の研修があり同期入社する二十人ほどの仲間と出会いました。
入社してからはそれぞれ別の部署に配属されましたが研修の1ケ月間は毎日顔を合わせて、グループで課題をしたり飛び込みで知らない会社に営業をしたり、工場見学をしたりしていたので入社する頃にはすっかり仲良くなりその後も同期での飲み会やバーベキュー等様々なイベントをして楽しい会社生活を送ることが出来ました。

学生の頃と違い会社の中では縦社会になりますが、この同期という仲間がいたことで横の繋がりも出来、社会人生活の中で仕事だけではなく大切な友人を得る事が出来ました。
今でもことあるごとに誰かの家に頻繁に集まり、近況を報告し合ったりいろんな悩みを相談したり。
長い付き合いの中で何でも話せる気安さも出来、自分の人生の支えとなる仲間です。
一生付き合える友人を得たことが会社生活で得た一番の財産でありこれからも大切にしていきたいなと思います。

«
»