整形手術の効果

中学時代にモテていたクラスメイトの女子と10年ぶりくらいに会った。
彼女とは高校に進学したきり会っていなくて、大学で東京に行っていたこともあり、同窓会でも会わなかった。

東京で就職したが、震災をきっかけに、女子社員のみ希望の支社に異動できることになり、九州に帰ってきた。
街でいきなり声をかけられ振り返ってみると、見たことあるような、見たことないような顔がそこにはあった。
彼女は、整形手術を受けていたのである。
一重まぶたっだたが、カッと見開いたような二重まぶたになっていた。
それが自然ではなくてギョッとした。
瞳には縁取りタイプのコンタクトレンズが付けられていて、余計の不自然。
だけど相手は「久しぶり?!」と元気に話しかけてくる。
目が痛いのか充血していて瞬きが多かった。
なにやらテンション高めに話しかけてくるも、目の充血大丈夫かな?ということに意識してしまう。
また会えるときに会おうね?、という社交辞令すぎる挨拶をとりあえずなげかけてその場を後にした。
その再会から2週間後、SNSで彼女はウエディング姿を披露していた。
前撮りに行ってきた、との内容だったがとにかく不自然に見開かれた目が恐い。
同級生は彼女の前の顔を知っているだけに、誰も何もコメントしていなかったのがリアルだった。
14歳離れた旦那さんは、ドレス姿の彼女の横でニコニコ笑っている。
とっても優しそうな男性だから、整形しなくてもプロポーズしてくれたんじゃないのかな?と私は思う。
一度整形手術をすると皮膚の老化に伴いメンテナンスに通う必要がある。
きっと旦那さんは中身で選んでくれたんだろうから、これ以上の手術はしなくて良いとおもう。

»