監督の戦術

今サッカー日本代表があつい。
海外で活躍する選手がたくさん出てきたし、今まで完全に格上だと思っていた強豪国と試合をしても、互角以上の戦いを繰り広げるようになったからだ。
サッカーをずっとやってきた自分としては嬉しい。

そのサッカー日本代表に言わせると、ここぞというところで大切なことは「個の力」らしい。
私もそう思う。
全ての得点シーンを、全ての窮地をチームプレーで何とかするということは無理だろう。
やはり、ドリブルで仕掛けたり、安易なパスに逃げたりしないことが重要になってくる。

そういう風に言われる現在の状況で、監督が組み立てる戦術に対して考えている人は少ないだろう。
戦術はその字の通り、「戦う術」なのだから一般に公開されるものではないし、相手チームに知られたら試合に負けてしまうかもしれない。
だから私たちは日本代表の監督が考えるサッカーの戦術に対して無知であることは確かだろう。

中には、サッカーマニアという人もいて、戦術面から試合を振り返り、主に負けた試合の戦術批判をするわけだが、多くは想像で言っているために的外れな内容だ。
サッカーにおける戦術とは、どの選手を使うか、どう攻めるか、どう守るかだけではないだろう。もっと細かい部分から組み立てているだろうし、試合ではなく練習から戦術はスタートしているだろう。

もしかしたら、選手も誰も気付いていなくて、監督の手のひらの上で動いていただけかもしれない。
それで試合に勝って、監督は何もしていないように思われて嫌われ、世間から批判されるなんてこともきっとあるのだろう。

«
»