スポーツにおける戦術

勝つためのテクニック、それはスポーツ界においての戦術にも言えることだと思います。
そうなると試合の前からすでに戦いは始まっているのかもしれない。
野球で言えば野村克也監督のID野球が一番に思い浮かびます。

その辺りからデータ重視の考えるスポーツが増えたように思います。
例えばIDサッカー、IDバレーなどもよく耳にするになりました。
スポーツも対戦相手の過去のデータ、実績を研究し勝負する時代になったと感じます。
では力で勝負する時代はもう終わったのか?
それはそれで多くの競技に必要な部分ではあると思うが、それに指導者やプレイする当人の頭脳が加わると相乗効果を生み、最強になるのだと思います。
最近イタリアの名門サッカーチームに移籍したことで知られるあの選手も中学時代から毎日練習日記を書き、自分の体重、食事内容、練習内容や課題、目標を書いておりその数は100冊以上になるというから驚きです。
早くから世界でプレイすることを見越して英語の勉強もしていたといいます。
こないだの会見でも堂々とした英語で質問に答え、相変わらずのビッグマウスぶりも発揮。
移籍後2戦目で早くも初ゴール。
やはり人より抜きん出ようとする人はしっかりとしたビジョンを持ち、目標に向かって明確に実現する努力をしていると感じます。
その裏付けがあってこその自信であり成功なのだと思います。
自信を裏づける事前の準備を完璧にすることこそが勝利への近道なのだと思います。
これはスポーツだけではなくビジネス全般にも通じるものがあると思います。

営業マンの業務管理
勤怠管理で労働時間もムダなし
労働時間が見えるので残業代の未払いによる労使間の不信感を生むリスクも解消。サビ残防止にも貢献。
biz-work.jp/
関連:www.freebeer1981.com

«